【3月6日WHOまとめ】世界国別新型コロナウイルス感染者数と死亡者数一覧まとめ

このブログでは、2020年3月6日時点において世界における新型コロナウイルス感染者数を国別にまとめた内容をご紹介します。

参考にしたサイトは、WHOの「Novel Coronavirus (COVID-19) Situation 」です。

なお感染者数と死亡者数はWHO発表のデータを掲載していますので、各国発表のデータと誤差がある事をご了承下さい。


3月6日WHO発表の新型コロナウイルス感染者と死亡者数まとめ

国別感染者数と死亡者数(感染者数上位20か国)

順位国名感染者数(人)死亡者数(人)
中国808133073
韓国676744
イラン4747124
イタリア4636197
ドイツ639
フランス613
ダイヤモンド・プリンセス号534
日本408
スペイン374
10アメリカ21311
11スイス180
12イギリス167
13シンガポール130
14オランダ128
15ノルウェー113
16ベルギー109
17スウェーデン101
18マレーシア83
19オーストラリア61
20クウェート58
合計数101,828人(感染者合計)3,483人(死亡者合計)

中国に近い韓国や日本で感染拡大が広がっているのですが、遠く離れたイランやイタリアでもかなりの感染者が居る事が分かります。

特にイタリアでは、197人の方が新型コロナウイルスが原因で亡くなっています

これは中国に次いで多い死亡者数なのです。

ある人の指摘によると、イタリアは早くから中国からの入国を禁止したが、実はそのために中国にいるイタリア人や他の国の人も直接イタリアに帰国、もしくは入国出来なくなってしまったそうです。

それで仕方なく周辺のフランスやスイスに一旦入国して鉄道でイタリア国内に入る人が続出しました。

EUは共同体であり、鉄道での国の行き来では入国審査はほとんど無いのが現状。

当然ウイルス検査も目に見えた症状がない場合は全く実施しなかった結果、イタリアでの感染者が異常に多くなってしまったのではないか・・・とのこと。



国別感染者数と死亡者数グラフ

国別の新型コロナウイルス感染者と死亡者数が多い、上位10か国(ダイヤモンド・プリンセス号を含めています)の割合グラフはこちらです。

 

20200306新型コロナウイルス感染者数上位10か国


20200306新型コロナウイルス感染者数上位10か国

2020年3月6日時点で、感染者数・死亡者数共中国がかなりの割合を占めています。

世界92か国で新型コロナウイルスの感染者が確認されていますが、先ほど新型コロナウイルスの感染者が米国で広がり始めたのを受けて、ついにNBAが無観客試合の検討を開始したことが明らかになっています。

大統領選挙真っ最中のアメリカの動向にも注目していきたいと思います。

以上、(3月6日WHOまとめ)世界各国の新型コロナウイルス感染者数と死亡者数一覧まとめのご紹介でした。

20200306新型コロナウイルス感染者数
ぜひお気軽にどうぞ!