【3月15日時点最新】新型コロナウイルス都道府県別感染者数まとめ【IOCバッハ会長、緊急会合開催へ】

このブログでは、2020年3月15日時点において国内における新型コロナウイルス感染者数を都道府県別にまとめた内容をご紹介します。

参考にしたサイトは、都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ(ジャッグジャパン株式会社提供)です。

なお3月15日時点で国内感染確認数は814人、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」乗船者の感染者数は含まれていません。



2020年3月15日時点、都道府県別新型コロナウイルス感染者数まとめ

新型コロナウイルス感染者が確認された都道府県と感染者数

3月15日時点で、新型コロナウイルス感染者が確認された都道府県(赤色部分)は下記の通りです。

36の都道府県で、新型コロナウイルス感染者が確認されています。

3月15日時点新型コロナウイルス都道府県別まとめ

 


3月15日時点で、都道府県別の感染者数を多い順にまとめた結果は下記の通りです。

感染者が確認された都道府県感染者数(人)
北海道148
愛知県121
大阪府107
東京都100
兵庫県78
神奈川県57
千葉県34
埼玉県31
京都府17
新潟県16
和歌山県15
高知県12
奈良県
三重県
不明
石川県
熊本県
群馬県
長野県
静岡県
福岡県
沖縄県
山口県
山梨県
岐阜県
滋賀県
栃木県
愛媛県
福島県
秋田県
長崎県
広島県
徳島県
宮城県
宮崎県
佐賀県
大分県




新型コロナウイルスの都道府県別感染者割合まとめ

3月15日時点で、都道府県別の感染者数を多い順にまとめた結果(円グラフ)は下記の通りです。

3月15日新型コロナウイルス都道府県別まとめ

 

 



3月15日の新型コロナウイルス関連で気になったニュース

IOCバッハ会長、緊急会合開催へ。競技団体などに情報提供

東京オリンピック

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が、17日に各国際競技団体や各国オリンピック委員会、選手に対して情報を提供するため、電話形式による緊急会合の開催を予定していることが分かりました(ロンドン時事)。

新型コロナウイルスの影響で世界中の多くの大会が中止や延期となり、東京五輪予選や各競技の代表選考に混乱が生じている現状で、緊急会合ではIOCによる対策が説明され、質疑応答の機会もあるといいます。

その場でオリンピックの開催自体の質問もあるでしょうから、バッハ会長がどのように答えるのか注目ですね。

なお野球評論家・張本勲氏が15日、TBS系「サンデーモーニング」で、新型コロナウイルスの感染拡大で開催への影響が懸念される東京五輪について言及。

これはやめたほうがいい」と、1年延期を提言したそうです。

いろいろ物議を醸す発言をすることが多い張本氏ですが、今回の発言に関してはあっぱれ!と言った感じでしょうか。


以上2020年3月15日時点での、新型コロナウイルス感染者数都道府県別まとめでした。

3月15日新型コロナウイルス都道府県別まとめ
ぜひお気軽にどうぞ!