【愛媛香川高知徳島】 四国観光名所の観光客入数ランキング多い順ベスト10【令和元年、2019年】

このブログでは、四国内(愛媛県、香川県、高知県、徳島県)における主要観光名所の観光客数(入数)の多いランキングベスト10をご紹介します。

データ元は国土交通省四国運輸局が発表した「四国の主要観光地入込状況について」です。

データは2019年のものとなっています。

みなさんが行ったことのある観光地はいくつあるか、ぜひ数えてみて下さいね。

堂々の1位に輝いたのは、四国にある観光名所で唯一観光客数が100万人を超えた歴史深い施設でした

ではさっそく1位から発表します!


四国で観光客数が多い名所はココだ!

第1位:愛媛県松山城ロープウェイ・リフト

松山城

観光客数(2019年)124万人
見どころ日本百名城で現存12天守の一つ「松山城」

桜の名所でもあり、春になると多くの花見客で賑わう

麓からロープウェイやリフトを使って頂上付近まで行く事ができる

グーグルマップ口コミ件数(2021年3月末時点)9051件


愛媛県の県庁所在地である松山市には、日本百名城が2城あります。

道後公園にある湯築城と、この松山城です☟

愛媛県「松山城」

豊臣秀吉の家臣で、賤ケ岳七本槍の加藤嘉明が築城しました。

この松山城は、天守をはじめとして石垣や小天守、隅櫓など国の重要文化財が21棟残っています。

特に天守は日本三大連立式平山城となっていて、世界遺産にもなっている姫路城と同じ姿を彷彿とさせます。

愛媛県「松山城」

松山城は勝山という山の山頂にあり、麓から山頂に向かうルートはいくつかありますが、歩いて向かうとどのルートでも20分前後かかります。

さすがに歩いて向かうのはちょっと、、という方の為に、麓からロープウェイや一人乗りのリフトが山頂近くまで運転しています☟

愛媛県「松山城」

四国の観光名所では唯一の入数100万人超えの松山城。

歴史好きの方や花好きの方など、四季を通じて国内外から多くの観光客で賑わっています。


第2位:香川県ニューレオマワールド

観光客数(2019年)99万人
見どころ遊園地の他にも季節の花を観賞できたり、中四国最大のイルミネーションなどが楽しめる総合複合リゾート施設

日本夜景遺産にも認定されている

グーグルマップ口コミ件数(2021年3月末時点)3484件


第2位に輝いたのは、香川県にあるリゾート施設「ニューレオマワールド」でした。

四国内においては圧倒的な規模を誇る遊園地や、季節の花々が咲き誇る「レオマ花ワールド」、亜細亜の世界遺産を忠実に再現した「オリエンタルトリップ」など様々な体験ができるので、子供から大人まで1日中楽しむことができます。

楽しんだあとはホテルでゆっくり温泉に浸かりながら美味しい料理を満喫、夜になったら250万球の光で溢れる「レオマ光ワールド」があなたをお待ちしています☟

遊園地では2Dayパスポートなど様々なチケットがおトクに販売されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


第3位:徳島県文化の森総合公園

観光客数(2019年)97万人
見どころ公園として楽しめる他、神社や美術館、図書館などの文化施設がある

夜景スポットとしても人気で、徳島市街が一望

桜の名所でもあり、年間を通じて多くの人が訪れる

グーグルマップ口コミ件数(2021年3月末時点)523件


徳島県文化の森総合公園は、公園とは思えないほど充実した施設がそろっています。

幼児向けのすべり台やシーソーなどはもちろん、園内をゆっくり散策しながら季節の花を観賞できます。

隣接した博物館や図書館、レストランもありますので、1日中自分だけの時間を楽しむこともできますよ。


駐車場がとても広く、しかも無料なのも嬉しいポイントでしょう。

この公園は展望スポットとしても人気があって、夜になると徳島市街を一望できます。

徳島市街からも近い為、アクセスしやすいです。


第4位:愛媛県道後温泉旅館協同組合

愛媛県「道後温泉」

観光客数(2019年)73万人
見どころ日本三古湯の一つとされ、万葉集や夏目漱石の「坊ちゃん」にも描かれている

周辺には道後温泉街があり、アーケード商店街では飲食店や土産物店が軒を連ねる

2023年1月まで本館が保存修理工事中(入浴は可能)

グーグルマップ口コミ件数(2021年3月末時点)9744件


日本書記にも登場するわが国最古ともいわれている「道後温泉」。

日本三古湯の一つ(兵庫県の有馬温泉、和歌山県の白浜温泉)で、朝6時から夜の11時まで営業しています。

道後には「道後温泉本館」「道後温泉別館飛鳥乃湯泉」「道後温泉椿の湯」の3種類の温泉施設がありますが、その中でも一番人気なのが道後温泉本館です☟

愛媛県「道後温泉」

現在道後温泉本館は保存修理を行っており、建物全体が火の鳥で覆われています。

道後REBORNプロジェクトと名付けられたこの保存修理工事は令和4年(2023年)1月に完了する予定で、現在「神の湯」に入浴することができて、令和3年7月からは「霊の湯」のみの入浴に変わる予定です。

夜にはプロジェクションマッピングも上映されて、工事期間中だけ楽しめますよ。

生まれ変わった道後温泉が楽しみですね。


第5位:香川県栗林公園

観光客数(2019年)73万人
見どころ国の特別名勝に指定されている文化財庭園の中では最大の広さの公園

高松藩主松平家の別邸として、歴代藩主が修築を重ねて300年前に完成

広大な敷地に6つの池、13の築山など季節によって多彩な景色が魅力

グーグルマップ口コミ件数(2021年3月末時点)8498件


栗林公園はミシュラングリーンガイドジャポンにおいて、最高評価である三ツ星を獲得したこともある、世界的にも注目されている和風庭園です。

園内には1400本の松があり、和船で遊覧しながらの景色は格別です。

香川県「栗林公園」

庭園は常に整備されていて、どこから眺めても絵になりますよ。

お茶や和菓子で休憩したりお土産ショップなどもあるので、老若男女問わず人気のある観光名所となっています。

駐車場もあって近くにJR四国の駅(栗林公園北口駅)もあるので、アクセスしやすいのも人気の理由の一つでしょう。

なお特別名勝に指定されている庭園は日本全国で24カ所ありますが、そのうち13カ所は京都にあります。

残りの11か所の一つがこの栗林公園で、春の桜や秋の紅葉、白く薄化粧した冬など、四季を通じて奥深い景色が楽しめます。

では6位から10位までを一気にご紹介しましょう!


第6位:香川県さぬきこどもの国

観光客数(2019年)64万人
見どころ高松空港に隣接しており、児童館や公園広場、サイクルセンターなどがある複合施設

YS-11型航空機展示場もある

空港に離着する飛行機が近くで見れる

グーグルマップ口コミ件数(2021年3月末時点)873件


第7位:愛媛マイントピア別子

観光客数(2019年)59万人
見どころかつての銅山跡施設を見学できるテーマパーク

観光列車や温泉施設、レストランやバーベキュー広場などがある

標高750mにある東平ゾーンは、遺跡と自然に囲まれた姿から「東洋のマチュピチュ」とも呼ばれている

グーグルマップ口コミ件数(2021年3月末時点)2154件


第8位:徳島県大鳴門橋遊歩道渦の道

徳島県「渦の道」

 

観光客数(2019年)55万人
見どころ鳴門海峡に架かる大鳴門橋の橋桁内にある全長450mの海上遊歩道

海上45mのガラス床から渦潮をのぞき込むことができる

鳴門公園の一部になっていて、周辺には展望台や記念館、大塚国際美術館やホテルなどがある

グーグルマップ口コミ件数(2021年3月末時点)4311件


第9位:香川県屋島山上

香川県「屋島」

観光客数(2019年)53万人
見どころ源平合戦の古戦場になった、台地状の残丘

山上には四国霊場第84番札所の「屋島寺」や新屋島水族館がある

瀬戸内海が一望できる展望スポットとしても人気

グーグルマップ口コミ件数(2021年3月末時点)249件


第10位:香川県国営讃岐まんのう公園

観光客数(2019年)53万人
見どころ四国で唯一の国営公園で、日本最大の灌漑用ため池「まんのう池」の隣にある

広大な公園やキャンプ場、サイクリングコースや各種イベントが随時開催中

四季の花が園内を彩り、冬のイルミネーションには多くの観光客が訪れる

グーグルマップ口コミ件数(2021年3月末時点)1438件


以上「【愛媛香川高知徳島】 四国の観光名所、観光客数(入数)ランキング多い順ベスト10【令和元年、2019年】」でした。

四国の主要観光名所入数ランキング
ぜひお気軽にどうぞ!