【使用料】 敷地や土地に電柱があるとお金がもらえます、その意外な金額とは?

みなさんこんにちは!オレンジ7です。

我が家の庭の端っこには1本の電柱があります。

この土地を買おうとした時には既に電柱があったので、ちょっと見た目も悪くなるし邪魔だな~と思っていました。

電柱を移動してもらう事はまず不可能なのですが、そういった電柱が敷地内にあった場合「土地使用料の名目」で使用料をもらう事ができます

ちょっとしたお小遣いになればいいかと当時は思っていたのですが、当時不動産会社から聞いた話だとその使用料にはあまり期待しないで下さいとのことでした。

さてその使用料とはいくらなのかを今回ご紹介したいと思います。


我が家の電柱使用料は「NTT西日本」から支払われています☟

電柱使用料

電柱だから電力会社から支払われるものと思っていましたが、ちょっと意外でしたね。

更に我が家がNTTから受け取っている使用料には2種類あります。

1つは電柱そのものの使用料で、もう1つあるのです。

それは支線と呼ばれるものです

支線とは電柱の横に貼られているワイヤーの事で、電柱の強度を保つ為に設置されているものです☟

電柱と支線

支線が無い電柱もありますが、我が家の庭にある電柱は支線があるタイプなのです。

ただでさえ邪魔な電柱に加えて支線も付いているんですよ(笑)

さてその気になる使用料はこちら☟

電柱使用料

 

電柱と支線それぞれで1500円もらえますので、1年間合計で3000円をNTTからもらっています。

年間3000円だと子供のお小遣いにもなりませんね

庭に電柱や支線が10本ぐらいあったらそれなりの金額にはなりますが、宅地でそんな場所はまずありえませんし住みたくもありません!(笑)

ちなみに電柱だと今回ご紹介した微々たる使用料ですが、これが携帯電話の基地局(アンテナ)だと金額が跳ね上がるようです。

場所や基地局の大きさにもよりますが、年間数十万円になる場合もあるらしいです。

今後5Gのエリア拡大で基地局設置の必要性はどんどん高まってくるでしょうから、そういう話が飛び込んでくるとも限りません。

以上「敷地や土地に電柱があるとお金がもらえます、その意外な金額とは?」でした。

ぜひお気軽にどうぞ!