自宅で冷凍うどんを一番美味しく食べる方法はコレ!意外と差があった3種類のうどん解凍方法を試す!【オススメレシピ】

自宅で手軽にコシのある美味しいうどんを食べたい時には、冷凍うどんがオススメです

スーパーで売っている激安ゆでうどんよりもコシがあるのですが、冷凍なので何らかの方法で解凍しないといけません。

パッケージの裏には、お湯で解凍する方法とレンジで解凍する主に2種類の方法が記載されている事が多いと思います。

さてどちらの方法が美味しく食べる事ができるでしょうか?

今回3種類のうどんの解凍方法を試して、どれが一番美味しいのかの実食レポをご紹介します

お湯の温度や時間などはおおよそのものですので、あくまでも料理初心者がうどんを作った場合と思って下さいね。

また出来上がったうどんは、麺のコシを堪能しやすい「ざるうどん」形式で食べてみます。

最初に少しネタバレすると、自然解凍は例外として(笑)レンジとお湯とでは意外と食感に差があったので私も予想外でした。

今回試してみるうどん解凍方法は次の3種類です。

①レンジで解凍
②お湯解凍
③自然解凍

一番美味しいうどん解凍方法はどれだ?

冷凍うどんをレンジで解凍

今回用意した冷凍うどんはこちらの細麺タイプのものです☟

冷凍うどん解凍

細麺にした理由は解凍しやすくて麺が伸びているのかどうか分かりやすいと思ったからです。

まず冷凍うどんをレンジで解凍してみましょう。

こちらの細麺タイプの場合、レンジの解凍時間は次のように記載がありました☟

500W3分30秒
600W3分20秒
1000W約2分

今回は600Wの3分20秒で解凍してみました☟

冷凍うどん解凍

写真では分かりにくいのですが実際はアツアツに湯気が出ていて、見た感じではすごい麺が伸びているように感じました(笑)


冷凍うどんをお湯で解凍

コシのあるうどんを食べたい時には、何と言ってもお湯でしょ!というイメージがありますよね。

鍋にたっぷりお湯を沸かして冷凍うどんを投入します☟

冷凍うどん解凍

ちなみにお湯に通す時間は約1分ぐらいとパッケージに記載がありましたので、概ね1分ぐらいで解凍しています。

出来上がったうどんがこちらです☟

冷凍うどん解凍

見た目はレンチンうどんとさほど変わりないように思えますが、どうでしょうか?


冷凍うどんを自然解凍(本当はやったらダメ)

最後に試すのは冷凍うどんを自然解凍した場合です。

実は解凍方法をググった時に、自然解凍では麺が伸びてしまうのでやったらダメ!みたいですね。

ダメと言われたら試してみたくなるのが人間の本性・・・(笑)

ただ一つ注意する事があって、自然解凍したうどんをそのまま食べる事は止めましょう☟

冷凍うどん解凍

私が購入した冷凍うどんの場合、パッケージ裏の加熱調理の必要性欄に「加熱してください」との記載があります。

なので自然解凍したうどんでも、レンジなりお湯なりで加熱する必要があるのです。

冷凍食品によっては自然解凍で食べられるものもありますので、パッケージの記載内容を良く確認しておいてくださいね。

今回の自然解凍方法は、常温で6時間解凍した後冷蔵庫で6時間解凍しました。

常温でひたすら解凍してしまうと、気温が高い時期には麺が痛んでしまう可能性があったからです。

お腹を壊してしまう恐れがあるので、基本的に冷凍うどんを自然解凍するのはやめておいた方が良さそうですね・・・。

そして合計12時間冷凍庫から出して解凍したうどんがこちら☟

冷凍うどん解凍

見た感じではそのまま食べられそうなぐらい良い感じで解凍できていました。

このうどんを、先ほど鍋に入れたお湯が余っていましたので再沸騰させて約10秒ほど加熱します☟

冷凍うどん解凍

さあ、これで3種類のうどんが出来上がりました。

冷凍うどん解凍


意外と差があった3種類のうどん

冷凍うどん解凍

さてお腹もちょうど空いてきましたので、いよいよ実食してみましょう!

レンチン解凍うどん一番うどんがもちもちしていて、コシがあって美味しかった
お湯解凍うどんレンチンと比べて明らかに麺が伸びていたが、それなりに美味しい
自然解凍うどんかなり麺が伸びていたが食べられない事はない(笑)

ズバリ一番美味しかったのは、レンジで解凍したうどんでした。

うどん全体がもちもちしていてコシのある食感が楽しめました。

細麺でこれですから、通常タイプの麺だとさらに美味しいと思います。


以外だったのがお湯解凍うどんで、麺が明らかにレンチンうどんより伸びていました。

解凍時間が1分でも長すぎたかもしれませんが、実際冷凍うどんをお湯に投入しても40秒くらいは麺が解凍できません。

麺がほぐれたらすぐ加熱をやめて麺を取り出せば結果は違ったかもしれませんが、どちらにしてもお湯解凍の場合は少しでも加熱時間が長くなると麺が伸びてしまう恐れがあるようです。


最後に自然解凍うどんですが、3種類のうどんの中で一番麺が伸びていました。

食べられない事はないのですが、自然解凍のうどんでも何らかの方法で加熱しないといけないので、基本的に冷凍うどんは食べる直前まで冷凍しておくのが基本ですね(当たり前ですが!)。

3種類の解凍方法を試した結果、料理初心者でも安全に確実に美味しい冷凍うどんを食べるには、レンジで解凍する方法が一番良いという結果でした。

全て私個人の独断と偏見ですが、少しでも参考になれば嬉しいです(笑)

以上、「自宅で冷凍うどんを一番美味しく食べる方法はコレ!意外と差があった3種類のうどん解凍方法を試す!【オススメレシピ】」でした。

冷凍うどん解凍
ぜひお気軽にどうぞ!