【愛媛県】紫陽花(あじさい)のおススメ見どころ名所スポット一覧まとめ【新宮、西条、新居、出石寺】

6月は長雨になる事も多いのですが、梅雨の時期に淡い綺麗な花を咲かせて私達を楽しませてくれる花が紫陽花(あじさい)です☟

あじさい

 

青色や紫色の淡い花は、全国各地で梅雨時期の風物詩となっています。

このブログでは、愛媛県で紫陽花を綺麗に見る事ができるおススメスポットをご紹介します。


愛媛県の紫陽花の名所おススメスポットはこちら

四国中央市「新宮あじさいの里」



愛媛県内で一番紫陽花の名所としておススメなのが、新宮あじさいの里です。

白や薄紫の約2万株のあじさいが斜面を彩り、年間5万人が訪れる名所です。

四国中央市の新宮地域はお茶と霧の森大福で有名ですが、その地形を生かした紫陽花を楽しむことができます。

6月には新宮あじさい祭りも開催されますが、山の斜面に沿って遊歩道があるので、ちょっとしたハイキング程度の運動になります。

山間部にあるので雨が降る事も多いのですが、緑の中に淡く咲く紫陽花は綺麗ですよ~。

ぜひ歩きやすい服装と靴で出かけてみましょう。


西条市「あじさいロード」



西条市の北条新田は海を埋め立てて造成された工業地域で、多くの会社や工場があります。

その臨海道路沿いに沿って、紫陽花が約600mに渡って植えられています。

この地域の自治会の皆さんがお手入れされているようです。

青や白、赤紫といった紫陽花が約3500株あって、本数にして50000本!

一直線の道路に咲いているので、運転しているドライバーの皆さんも癒されること間違いなしです。


新居浜市「あじさいロード山田」



新居浜市にあるあじさいロード山田は、地域の自治会の方がお手入れしています。

約4500株の紫陽花が、約1kmにわたって道路の斜面沿いに植えられています。

このあじさいロード山田の一番の見どころが、この手作り案山子のお出迎えです。


一瞬ぎょっとするような光景ですが(笑)、散策していると(きっと)愛くるしくなるはずですよ。

春にはサクラまつり、秋にはもみじまつりと各種イベントが開催されていますので、ぜひどうぞ。


大洲市「金山出石寺」



四国別格霊場第7番札所である「出石寺」は、標高800mにあります。

その参道脇に、約2kmにわたって6000株、3万本の紫陽花が植えられています。

山間部にあるので平地の紫陽花より開花時期が半月程遅いようで、見ごろは6月下旬からのようです。

お寺までの道が曲がりくねっていて狭いので、運転に十分注意しましょう。

山の中にある小さなお寺と思いきや、出石寺は100台以上駐車可能なスペースがあるぐらい有名なお寺ですよ。

ちなみに山号は「金山」ですが、出石寺がある出石山では実際に鉱山があって、この山に鉱山があるということで弘法大師(空海)が開山当時の山号「雲峰山」を「金山」と改めたとか。

1910年から1945年の間は、三菱鉱業(現在の三菱マテリアル)が採掘を行っていたようです。

境内からは大洲盆地を見渡すことができて、初日の出や雲海を見る事ができる絶景スポットでもあります。


以上「【愛媛県】紫陽花(あじさい)のおススメ見どころ名所スポット一覧まとめ【新宮、西条、新居、出石寺】」でした。

愛媛県あじさいの名所
ぜひお気軽にどうぞ!