Amazonで注文時、23日から「置き配」が一部地域で標準化、3つの注意ポイントはコレだ!

Amazonのプレスリリースによると、3月23日より、注文時の配送オプションである「置き配指定サービス」30都道府県(一部地域を除く)で配送方法の初期設定として提供開始したそうです

このプレスリリースが発表されたのが23日でしたので、発表した当日から「置き配指定サービス」が標準化された事になります。

今後Amazonでいつも通り商品を発注した場合、大事な荷物も玄関先に置かれてしまう可能性がありますので要注意ですよ

今回は、この「置き配指定サービス」の注意点を3つご紹介します。

ポイントは3つです。

①30都道府県で置き配指定サービスが標準化されたので、自分の地域を一度確認した方がいいかも
②置き配指定サービスが標準化された地域でも、指定すれば対面受け取りが可能
③置き配場所の選択肢は「玄関」が初期設定、「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」「建物内受付/管理人」が選択可能

Amazon「置き配指定サービス」で気を付ける事とは?

「置き配指定サービス」が標準化された地域一覧

3月23日からはじまった、「置き配指定サービス」を30都道府県(一部地域を除く)で配送方法の初期設定として提供開始されたのは次の地域です。(23日発表のアマゾンプレスリリースから)

北海道江別市、札幌市、石狩市、北広島市
宮城県遠田郡、塩竈市、加美郡、岩沼市、栗原市、黒川郡、仙台市、多賀城市、大崎市、登米市、名取市
福島県いわき市、伊達市、郡山市、須賀川市、福島市、本宮市
新潟県燕市、新潟市
山梨県甲斐市、甲府市、中央市、中巨摩郡、笛吹市、南アルプス市
茨城県つくばみらい市、つくば市、ひたちなか市、牛久市、結城市、古河市、取手市、守谷市、常総市、水戸市、筑西市、土浦市、東茨城郡、那珂郡、那珂市、日立市、龍ケ崎市
群馬県みどり市、伊勢崎市、館林市、桐生市、高崎市、佐波郡、渋川市、前橋市、太田市、北群馬郡、邑楽郡
栃木県さくら市、宇都宮市、下都賀郡、下野市、佐野市、鹿沼市、小山市、真岡市、足利市、大田原市、栃木市、那須塩原市、矢板市
埼玉県さいたま市、ふじみ野市、羽生市、越谷市、桶川市、加須市、吉川市、久喜市、狭山市、熊谷市、戸田市、幸手市、行田市、鴻巣市、坂戸市、三郷市、志木市、児玉郡、春日部市、所沢市、上尾市、新座市、深谷市、川越市、川口市、草加市、朝霞市、鶴ヶ島市、東松山市、南埼玉郡、日高市、入間郡、入間市、白岡市、八潮市、飯能市、富士見市、北葛飾郡、北足立郡、北本市、本庄市、蓮田市、和光市、蕨市
神奈川県愛甲郡、綾瀬市、伊勢原市、横須賀市、横浜市、海老名市、鎌倉市、茅ヶ崎市、厚木市、高座郡、座間市、三浦郡、三浦市、小田原市、秦野市、逗子市、川崎市、相模原市、足柄上郡、大和市、中郡、藤沢市、南足柄市、平塚市
千葉県印西市、印旛郡、浦安市、我孫子市、鎌ケ谷市、君津市、香取郡、香取市、佐倉市、山武郡、山武市、四街道市、市原市、市川市、習志野市、松戸市、成田市、千葉市、船橋市、匝瑳市、大網白里市、柏市、白井市、八街市、八千代市、富里市、茂原市、木更津市、野田市、流山市
東京都あきる野市、稲城市、羽村市、葛飾区、江戸川区、江東区、港区、荒川区、国分寺市、国立市、狛江市、三鷹市、渋谷区、小金井市、小平市、昭島市、新宿区、杉並区、世田谷区、清瀬市、西多摩郡、西東京市、青梅市、千代田区、足立区、多摩市、台東区、大田区、中央区、中野区、町田市、調布市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、八王子市、板橋区、品川区、府中市、武蔵村山市、武蔵野市、福生市、文京区、豊島区、北区、墨田区、目黒区、立川市、練馬区
愛知県みよし市、愛知郡、安城市、一宮市、岡崎市、岩倉市、犬山市、江南市、春日井市、小牧市、西春日井郡、丹羽郡、長久手市、日進市、尾張旭市、豊橋市、豊川市、豊田市、豊明市、北名古屋市、名古屋市
岐阜県羽島郡、各務原市、岐阜市、瑞穂市、多治見市
三重県松阪市、津市
静岡県沼津市、焼津市、静岡市、袋井市、藤枝市、磐田市、浜松市、富士市
滋賀県栗東市、守山市、草津市、大津市、野洲市
京都府宇治市、久世郡、京都市、向日市、城陽市、長岡京市、八幡市
大阪府茨木市、羽曳野市、貝塚市、岸和田市、交野市、高石市、高槻市、堺市、四條畷市、守口市、松原市、寝屋川市、吹田市、摂津市、泉佐野市、泉大津市、泉南郡、泉北郡、大阪狭山市、大阪市、大東市、池田市、東大阪市、藤井寺市、柏原市、八尾市、豊中市、枚方市、箕面市、門真市、和泉市
奈良県磯城郡、宇陀市、橿原市、高市郡、桜井市、生駒郡、生駒市、大和郡山市、天理市、奈良市、北葛城郡
兵庫県たつの市、芦屋市、伊丹市、加古郡、加古川市、高砂市、三田市、神戸市、西宮市、川西市、尼崎市、姫路市、宝塚市、明石市、揖保郡
岡山県岡山市、倉敷市、都窪郡
広島県安芸郡、呉市、広島市、廿日市市、福山市
宮崎県宮崎市
熊本県菊池郡、熊本市、合志市
佐賀県佐賀市
鹿児島県鹿児島市
大分県大分市
長崎県西彼杵郡、長崎市、諫早市
福岡県久留米市、古賀市、糸島市、春日市、糟屋郡、太宰府市、大川市、大野城市、筑紫郡、中間市、福岡市、北九州市、柳川市

Amazon「置き配指定サービス」の内容

配達

Amazonの「置き配指定サービス」とは、指定先住所の「玄関」への配達が初期設定となる結果、玄関先での対面での応対やサインなしでの商品受け取りが可能となるサービスです。

この置き配場所については、「玄関」が初期設定ですが、注文画面を操作することで、その他「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」または「建物内受付/管理人」のいずれも選択できます。

また配送担当者が指定の配達場所に入れない、配達場所を特定・使用できない、または配達場所が安全でない場合など、置き配指定サービスを利用できない場合もあるようです。

置き配を希望しない場合は、注文画面を操作することで、配達員との対面での受け取りを選択する事も可能です。

 

これからAmazonで注文する場合は、注文する商品の金額によって「置き配指定」か「対面指定」かを選択した方が良さそうですね。

トイレットペーパーやキッチンペーパーなど、比較的安価な日用品だと問題ないでしょうが、電気製品や精密機器(スマホやパソコン等)の「置き配指定」はちょっと抵抗がありますね・・・。

それに天気が悪い日の「置き配指定」にも注意が必要で、「置き配」後雨が降ってきた時は商品が濡れてしまう可能性もあります。

私達注文する側も、これからは配達日時や配達方法に気を配る必要があります。


「置き配指定」の盗難紛失リスク対策で、配達した時の写真が確認できる

配達

玄関先や自転車のかご等の「置き配指定」で、一番心配なのが届けられた商品が盗まれたり紛失したりすることです

この対策として、Amazonでは置き配が完了すると、ドライバーは専用のタブレットを使って、商品を配達した場所の写真を撮影します。

そして注文した人に、配達完了のメール、またはAmazonの配達状況確認ページで、配送状況と選択した配送方法を確認する事ができます。


Amazonの「置き配指定サービス」に関しては、2019年11月6日から12月5日の1か月間、岐阜県多治見市で置き配指定を標準とした配送の実証実験を実施したそうです。

その結果、期間中多治見市において約70%が置き配指定で商品を受け取って、通常時の約50%の再配達削減につながりました。

 

運送業の人手不足が深刻になる中、この「置き配指定サービス」を私達も上手に利用していく事が求められています。

以上、【Amazonで注文する人は要注意、今月23日から「置き配」が一部地域で標準化、3つの注意ポイントはコレ!】のご紹介でした。

Amazonの置き配指定サービス
ぜひお気軽にどうぞ!