【最強先発エースは誰?】ファミコン版ファミスタ全9作品通して最強投手を決める!【9人からリストアップ!】

みなさん、野球ゲームで何が一番好きですか?

実況パワフルプロ野球やプロ野球スピリッツなど、コナミの作品を挙げる方も多いと思いますが、、

私は何といっても「ファミスタ」です!

任天堂の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピューター」で一番最初に発売された野球ゲームは「ベースボール」ですが、その後驚きの完成度で発売されたのがナムコの初代「ファミリースタジアム」通称「ファミスタ」です☟

ファミコン版ファミスタ全9作品
ファミコン版ファミスタ全9作品

ファミスタは2020年に最新作が家庭用ゲーム機で発売されるなどファンも多いのですが、ファミコンで一番面白い野球ゲームと言えば「ファミスタ」と手を挙げる方がほとんどではないでしょうか?
※私の独断と偏見です(笑)

そんなファミコン版ファミスタシリーズ全9作品を通じて最強のエースを決めよう!というのが、このブログの趣旨です。

なお以前最強の4番を決めた時には全9作品に全て出場している皆勤選手の中から7人に絞ったのですが、今回は準皆勤選手(8作品以上に出場)も含めたいと思います。

なぜなら、初代ファミリースタジアムと‘87は1チームにつき投手が4人しか居ないんですよ(笑)

なので9作中8作品以上に出場している投手の中から選出したいと思います。

そして今回選出した最強のエース候補の9人がこちら(チーム順に列記)☟

・くわた
・きたべっぷ
・おおの
・かわぐち
・わたなべ(ひさのぶ)
・くどう
・かく(たいげん)
・ほしの
・にしざき

プロ野球ファン、そしてファミスタファンなら納得のエース候補だと思いますよ。

そして「防御率部門」「球速部門」「体力部門」「変化球部門」の全4部門別に成績を集計した結果、最強のエースを決める流れです。
(※防御率は平均、球速は平均、体力は合計、変化球は右左縦全ての合計で比較しています。
よって合計数値である体力と変化球に関しては、皆勤選手が準皆勤選手より有利となっています)。

任天堂ファミリーコンピューター
任天堂ファミリーコンピューター(実機)

まずは各選手の作品毎の成績をご紹介していきましょう。


ファミコン版ファミスタ9作品通して最強エースは誰だ?

「くわた」の全成績

Gチーム「くわた」
Gチーム「くわた」
タイトル選手名防御率球速体力
初代未登録
’87くわた2.3214545966
’88くわわ2.8014536966
’89くわわ2.8514438866
’90くわわ2.75144421066
’91くわわ2.7014481066
’92くわわ3.00146101066
’93くわた4.3014621868
’94くわた4.0014616868
3.09
3位
145
4位
216
2位
172
4位
  

Gチームのエース候補は「くわた」です。

ファミコン版ファミスタ当時のGチームは、「くわた」「まきはら」「さいとう」の3本柱で勝ちまくっていましたが、「くわた」のみ準皆勤でした。

甲子園時代KKコンビで日本中にブームを湧き起こした「くわた」ですが、まさかの初代ファミリースタジアムのみ出場していません。

「きよはら」はLチームの4番として初代から’94まで全て出場していますから、少し意外な気がします。

そんな「くわた」の持ち味は、バランスの取れた成績です。

突出した項目はないものの、防御率、球速、体力、変化球の数値全てにおいて9選手の平均を上回っています。

またバッティングセンスにも優れていて、投打に活躍した選手でした。


「きたべっぷ」の全成績

Cチーム「きたべっぷ」
Cチーム「きたべっぷ」
タイトル選手名防御率球速体力
初代きたへふ2.801404512105
’87きたへふ3.481404012106
’88きたぽつ3.251384212106
’89きたぽつ3.30138401086
’90きたぽつ4.20138281086
’91きたべふ4.11386886
’92きたべふ3.6138908086
’93きたべっぷ2.81361912106
’94きたべっぷ4.51361210106
3.65
9位
137
8位
196
4位
202
3位
  

Cチームのエース候補はなんと3人居ます。

ファミコン版ファミスタ当時、Cチームは投手王国と呼ばれていて先発中継ぎ抑えとスター選手が目白押しでした。

その中の一人がこの「きたべっぷ」です。

防御率と球速はそこまで高くありませんが、その精密なコントロールで数々のバッターを悩ませてきました

そしてこのファミスタにおける「きたべっぷ」の最大の勲章は、全9作品全て先発で登録されていることです。

そもそもファミコン版ファミスタで投手として9作品全てに出場しているのは、この「きたべっぷ」と同じCチームの「おおの」この2人だけしか居ません。

そしてその「おおの」も、後半は抑えに転向しています。

ファミスタ9作品皆勤選手で、かつ全て先発として登録されているただ唯一の選手が「きたべっぷ」なのです。

今回は数値比較で最強エースを選んでいますが、真のエースは実は「きたべっぷ」が最もふさわしいかもしれません。


「おおの」の全成績

Cチーム「おおの」
Cチーム「おおの」
タイトル選手名防御率球速体力
初代おおの3.301423541010
’87おおの3.04140354108
’88おおによ2.35140444108
’89おおによ2.351404641010
’90おおによ2.11424081210
’91おおによ3.9142610810
’92おおによ2.81421181010
’93おおの2.914411101110
’94おおの2.7014410101110
2.76
1位
141
7位
203
3位
216
1位
  

Cチームの2人目のエース候補が「おおの」です。

サウスポーから繰り出される数々の変化球は「七色の変化球」とも呼ばれて、2年連続防御率1点台や昭和最後の沢村賞など、当時のプロ野球界を代表する投手です

後年は抑えにも転向していて最多セーブを記録するなど、先発でも抑えでも活躍しています。

ファミコン版ファミスタの実績もスゴイの一言で、防御率と変化球合計は9人中1位、体力も3位と文句無しの成績です。

9作品全てに出場しているので、現時点で最強のエース候補間違いなく1位です。

最強のエースは「おおの」で決まり!?

「かわぐち」の全成績

Cチーム「かわぐち」
Cチーム「かわぐち」
タイトル選手名防御率球速体力
初代かわぐち3.5140159610
’87未登録
’88かわぶち3.1014232573
’89かわぶち2.9514242664
’90かわぶち2.80144426124
’91かわぶち3.5014476104
’92かわぶち3.6014495104
’93かわぐち4.514418494
’94かわぐち3.20144198108
3.37
8位
143
5位
169
9位
136
9位
  

Cチーム3人目のエース候補は、サウスポーの「かわぐち」です。

長身から繰り出される速球と、同じフォームから繰り出される緩い変化球でリーグ最多奪三振を複数回獲得しています

あの三冠王を3度取った「おちあい」でさえ、「かわぐち」のことをプロで唯一の精神的な天敵だ!だと認めています。

エース候補9人の中での実績はそこまで抜きんでてはいませんが、記録上には表れない面でバッターにとっては印象に残るピッチャーなのでしょう。

後年はGチームに移籍して、リリーフとしても活躍しています。


「わたなべ」の全成績

Lチーム「わたなべ」
Lチーム「わたなべ」
タイトル選手名防御率球速体力
初代わたなへ3.514845924
’87わたなへ3.32148159210
’88わななべ3.50148409210
’89わななべ3.50148468210
’90わななべ3.251484412410
’91なべきゆ2.10144912410
’92未登録
’93なべきゅう3.31441910810
’94なべきゅう4.1014414767
3.29
6位
146
2位
187
6位
162
5位
  

Cチームからは3人がエース候補でしたが、Lチームからも3人のエース候補がいます

一人目が「わたなべ」です。

速球とフォークを武器にプロ1年目からレギュラーに定着して、3年目には最多勝と最多奪三振のタイトルをとっています

ファミコン版ファミスタが発売されていた時期は西武の黄金時代で、投打にわたって数多くのスター選手がいました。

その中でも「わたなべ」の人気はトップクラスだったようですよ。

ファミスタの実績でも、球速が9人中2番目に速いのが特徴で、典型的な力投型投手と言えるでしょう。


「くどう」の全成績

Lチーム「くどう」
Lチーム「くどう」」
タイトル選手名防御率球速体力
初代くどう3.00134155125
’87くどう2.64145454145
’88くろう3.45145364145
’89くろう3.2144364124
’90くろう3.90142169124
’91未登録
’92くろう2.80142114106
’93くどう3.90142166106
’94くどう2.00144196129
3.12
4位
143
6位
179
7位
158
7位
  

Lチーム2人目はサウスポー「くどう」です。

通算勝利224勝をあげていますが、44歳にして7勝するなど実働29年活躍した大エースです

現役時代は4球団を渡り歩いていますが、そのうち3球団においてリーグ優勝と日本シリーズ優勝しており、「優勝請負人」と呼ばれました。

ファミスタでも平均防御率が4位と、安定した成績を残しています。

リアル世界でも監督の手腕が発揮されていて、2017年から4年連続でHチームを日本一に導いています

投手としても監督としても、プロ野球界でまだまだ活躍しそうな勢いのある「くどう」です。


「かく」の全成績

Lチーム「かく」
Lチーム「かく」
タイトル選手名防御率球速体力
初代かく2.5016015992
’87かく2.8415815975
’88かか2.5015240975
’89かき2.6515044868
’90かき2.80150401088
’91かき3.4014671066
’92かき3.2014671066
’93かき3.00142161296
’94未登録
2.91
2位
149
1位
172
8位
161
6位
  

Lチーム3人目の「かく」は、球速が1位で防御率も2位とファミスタエースにふさわしい実績です

最速158km/hの剛速球を武器に、西武の黄金期を支えました。

捕手の「いとう」や「なしだ」から、「とにかく球が速くてコントロールも良い」と絶賛されています。

速球だけでなく、高速スライダーやシュートなど変化球も多彩で、「おちあい」は「かく」のことを変化球投手だと分析していたようです。

ただ、これだけスゴイ投手でありながら意外と勝ち星が伸びなかったのは、体力の回復を重視して中6日ローテーションを続けたからです

今では中6日は当たり前ですが、当時は中4日から5日が普通だった時代、「かく」の登板間隔は長いと思われていたようですね。

これで体力がもう少しあれば、ダントツで最強のエースだったかもしれません。


「ほしの」の全成績

Bチーム「ほしの」
Bチーム「ほしの」
タイトル選手名防御率球速体力
初代未登録
’87ほしの3.92138156146
’88ほぴの3.40140426126
’89ほぴの3.50140426146
’90ほぴの3.651404061410
’91ほぴの3.10132841210
’92ほぴの2.601321141210
’93ほしの2.601322071010
’94ほしの3.80132176117
3.32
7位
135
9位
195
5位
209
2位
  

サウスポー「ほしの」は球速が遅い事で有名な投手です(笑)

ストレートは最速でも130km/hぐらいしかありません。

しかし球が遅いと言って侮ってはいけませんよ!

プロ通算歴代21位の2000を超える奪三振を記録しているんですよ

球が遅いのになんでこんなに三振が取れるのか不思議に思うのですが、70~90km/hのスローカーブと120km/h前後のフォークボールがすごく有効みたいですよ。

ファミスタの球速でも、 ’91版からは球速が132km/hになっているので、リアルに近い投球を再現した形となっています。

あの「きよはら」からも、「ほしの」のストレートは打ちにくいと評価されています。


「にしざき」の全成績

Fチーム「にしざき」
Fチーム「にしざき」
タイトル選手名防御率球速体力
初代未登録
’87にしさき3.001434010244
’88たきだし2.70148481024
’89たきだし2.75148481024
’90にしぜき3.05148461024
’91にしぜき2.9014481044
’92にしぜき3.8014481044
’93にしざき4.8014212754
’94にしざき2.30144171186
3.16
5位
145
3位
227
1位
143
8位
  

最後にご紹介するエース候補は、本格派の「にしざき」です。

キレの良いストレートと、鋭いスライダーを武器に最多勝利のタイトルを獲得しています。

ファミスタの実績でも、球速が3位で体力が1位と、まさにエースの名にふさわしい活躍をしています。

ただ球団とあまり馬が合わなかったようで、後年は球団から半ば戦力外通告のような形で西武にトレード放出されています。

のちに日米で活躍する「まつざか」のプロ初勝利がかかった試合で、リリーフ登板したのが「にしざき」でした。

「にしざき」が活躍していた当時のFチームはあまり強い球団ではなかったので、もしLチームやGチームのような強豪チームにいたらもっと勝ち星が増えていたかもしれませんね。


平均防御率トップに輝いたのは?

ファミコン版ファミスタエース候補9人の成績比較
エース候補9人の防御率比較

ここからは各部門のトップ賞をご紹介していきます。

出場作品通じての平均防御率ですが、2点台が2人居ましたが、トップに輝いたのがCチームの「おおの」でした

「おおの」は後半抑えに転向していますので厳密な平均防御率の算定方法ではありませんが、それでも他を大きく引き離しています。

ちなみにその「おおの」は現役1年目の防御率は、なんと135でした!

1試合のみの登板で相手に満塁ホームランを打たれています。

試合後、大野はあまりの悔しさに泣きながら太田川沿いを歩いて寮まで帰った。
本人によれば、帰寮直後には観戦していた友人から「自殺するなよ」という電話があり、山本一義コーチからも「死ぬなよ」と言われたという
大野は後年、「いくら成績が悪くとも、この時の防御率を下回ることは絶対にない。
スランプの時にそう考えると、精神的に大分楽になった」と語っている。
(Wikipediaより)

1年目では地獄を味わった「おおの」が、その後プロ野球で先発や抑えで大活躍するエースになるんですから、スゴイとしか言いようがありませんね。


平均球速トップに輝いたのは?

ファミコン版ファミスタエース候補9人の成績比較

平均球速で他を圧倒したのがLチームの「かく」でした

2位の「わたなべ」が146km/hですから、それを3km/h上回っています。

ちなみに初代ファミリースタジアムの「かく」の球速データは、なんと160km/h!

メジャーリーガーも驚きの球速ですね。

’87版でMチームの「ライアン」が球速165km/hになっていますので、「かく」のすごさが分かると思います。

後年は140km/h前半にまで球速は落ちてしまいますが、ファミコン版ファミスタ前半に限っては「かく」無双状態ですね。


合計体力トップに輝いたのは?

ファミコン版ファミスタエース候補9人の成績比較
エース候補9人の合計体力比較

1試合を完投できる体力部門でトップに輝いたのは、Fチームの「にしざき」でした

現役プロ生活で117試合を完投しており、これは現役224勝をあげた「くどう」よりも多いんですよ。

(「くわた」は118試合完投)

当時のプロ野球界の先発は1回から9回まで投げ切るのが当然でした。

今では投手分業制となっていますが、「にしざき」は1年目から3年連続200イニング以上登板しています。

試合が終わるまでマウンドは誰にも譲らない!「にしざき」からは、そんな気迫があふれる投球スタイルでした。


変化球合計トップに輝いたのは?

ファミコン版ファミスタエース候補9人の成績比較
エース候補9人の変化球合計比較

変化球合計トップに輝いたのは、Cチームの「おおの」でした

最速150km/h近いストレートに加え、パームボール、 真っスラ(ストレートとスライダーの中間軌道の変化球)、スラーブ(スライダーとカーブの中間軌道の変化球)、シュートドロップ、といったさまざまな変化球を駆使する様は「七色の変化球」と形容された。

※Wikipediaより

現役通しての平均防御率も「2.90」と抜群の成績を残しており、後年Gチームの4番になる「まつい」は

「大野さんのボールは一生打てません」「ベンチにいるだけで嫌だった」と発言しています。


ファミコン版ファミスタで最強のエースは?

さていよいよファミコン版ファミスタ最強のエースを決める時がきました。

現時点で最強の名にふさわしい候補は2人です☟

Cチーム「おおの」防御率1位
変化球1位
体力3位
球速7位
Lチーム「かく」球速1位
防御率2位
変化球6位
体力8位

どちらもすばらしい活躍ぶりですが、やはり2部門で1位を獲得した「おおの」に決まりですね!

ファミコン版ファミスタ9作品全てに出場登録されているのもポイントが高いです。

ファミスタ前半作品だけに限ると「かく」の方が成績能力共上回っていますが、9作品トータルで考えた場合「おおの」の能力や成績は圧倒的です。

Cチーム「おおの」
Cチーム「おおの」
ファミコン版ファミスタで、最強のエースは「おおの」に決定!

最強のエースは「おおの」でしたが、今回同様に最強の4番も実は選出しています
(記事をクリックしてね)☟

最強の4番は誰?

みなさん、野球ゲームで何が一番好きですか? 実況パワフルプロ野球やプロ野球スピリッツなど、コナミの作品を挙げる方も多いと思いますが、、 私は何といっても 「ファミスタ」です! 任天堂の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピューター」で[…]

ファミコン版ファミスタの最強の4番を決める

せっかく最強の4番と最強のエースが決まったんですから、ぜひゲームで対戦させてあげたいですね。

そんな企画も今後考えてみたいと思います。

以上「【最強先発エースは誰?】ファミコン版ファミスタ全9作品通して最強投手を決める!【候補者は9人】」でした。

ファミコン版ファミスタの最強エースを決める
ぜひお気軽にどうぞ!