【お値段以上のお店と比較】新築時カーテン専門店で買うと総額いくらお金がかかるのか?見積と総額をご紹介!

新築一戸建てやマンションを購入した時に大きく金額が違ってくる箇所がカーテン部分です。

カーテン

最近では購入時にカーテン代がセットになっている場合もあるようですが、家全体にカーテンを新たに設置する場合結構お金がかかるものなのです。

更にニトリやホームセンターで販売されている安いものではなく、デザインや機能にこだわっているカーテン専門店で購入すると金額はかなり高くなってしまいます

このブログでは新築一戸建てを購入した当時に、カーテン専門店での見積内容と設置状態をご紹介しています。

カーテン専門店で買うとどれくらいかかるのか?興味のある方はぜひ参考にして下さいね。


カーテン専門店で買うとどれくらいお金がかかるの?

1階部分のカーテン代見積はこちら

我が家の場合、2階部分には特に大きなこだわりはなかったのですが、普段生活するリビングに関しては少しお金をかけてもいいかなと思っていました。

そこで工務店から紹介されたカーテン専門店に見積をお願いする事にしたのです。

実際カーテン専門店に行く事自体初めてだったので、どのような商品があるのかや値段がどれくらいなのかさっぱり見当もつきませんでしたよ。

ニトリよりは高いと思います!(工務店の女性社員の方から言われたセリフです)

ただ家を新しく買う時って、テンションが相当上がっているんですよね(笑)

普段なら10万円ぐらいの買い物をしようとなるとかなり考えてしまうのですが、家づくりを進めていく上では数十万円の物を買うのは当たり前になっていますので、金銭感覚が麻痺しているのです。

最終的にはカーテン専門店で見積してもらった内容通り、実際に家に設置してもらっていますよ。

リビングのインテリア関連は妻に一存していた事もあって、確かにニトリよりは高かったですが今でも仕上がりには満足していますよ。

そして1階部分に設置した実際のカーテンと見積金額はこちらです☟

リビングメインカーテン(2か所)
リビングメインカーテン

品目寸法金額
ドレープカーテン×2W1850×H2200127,200円
レースカーテン×2W1850×H220033,000円
コルティナM(カーテンレール)×22mW110,800円
リビングには庭側に2ヶ所の大きな窓があるのですが、メインとなるこの場所には一番良いカーテンを設置しました。
カーテンレール2セットだけで驚きの10万円超えです(汗)
ただ実際にカーテン専門店で実物を見ると、確かにすごくおしゃれなんですよね。
このカーテンレール、コルティナMは天然の木のような色あいでレール自体も細いフラットデザインなのです☟
リビングメインカーテン
しかもカーテンの開閉が実にスムーズなんですよ。
安いカーテンレールは途中で少しひっかかりがあるなどする場合があるのですが、こちらは軽い力で音も静かなのです。

お店で実際に見た時に妻がすごく気にいったみたいで、リビングだからこのカーテンにしよう!と勢いで決断しております(笑)。


もう1か所のリビングにある窓に取り付けたものがこちら☟

リビングに設置した、Sプレーンシェード☟

シェードカーテン

品目寸法金額
SプレーンシェードW1600×H90039,000円

シェードとは右側にある紐で全体を上げたり下げたりするカーテンの事です

ロールカーテンと似ていますが、こちらのシェードは生地を平行にたたみながら上下に開閉する仕組みですね☟

シェードカーテン

カーテンよりも見た目がスマートですっきりしているのが特徴です。

ダイニングテーブルに一番近い窓には、このシェードを取り付けています。


その他の1階と2階に取り付けた見積はこちら

リビング以外の箇所に関しては、比較的安価なカーテンレールとロールスクリーン、房掛を取り付けています。

ロールスクリーン

品目(カーテン類)寸法金額
ロールスクリーンW360×H50022,800円
ロールスクリーンW600×H50014,900円
ロールスクリーンW600×H90016,500円

カーテンレール

品目(カーテンレール)寸法金額
ファセット×22mW42,200円
ネクスティ×21.5mW14,300円
ネクスティ1mW5,460円
ネクスティ1mW2,580円
セレスタS×21,160円

房掛け

品目(房掛)金額
ノーヴァ×45,280円
フォレスタA×43,480円
セレスタA×42,320円
取り付け工事費20,000円

 

ちなみに2階部分には、カーテンレールだけを業者に取り付けてもらい、カーテン自体は結局ニトリで自分たちで購入して取り付けています(笑)


値引きを含めた総額はいくらになったの?

今までの見積額の総額は460,980円でした。

そこから約30%ぐらい値引きしてもらいましたので、結局…

348,840円(税込)

実際にはニトリでカーテンも買っていますので、数万円ぐらい余分にかかっていますが。

1階のリビングだけで20万円ぐらいかかっていますので、他の部分はかなり安く抑えた感じですね。

我が家は比較的窓は多くない方だと思うのですが、新築一戸建てやマンションを購入される方は、カーテン代も予算に組み込んでおかないと思わぬ出費が発生してしまいます

しかもカーテンは家の完成間近ぐらいになって打ち合わせが始まるので、お金をある程度残しておかないといけません。

ちなみにカーテンレールやカーテンなどは、全て自分たちで購入して設置する事も可能です。

我が家がリビングに設置したお高いカーテンとレールも、ネットで購入すれば半額ぐらいで購入できるようですよ

ただネットから購入しようとした場合、採寸と設置の問題が発生してきます。

お高いカーテンやカーテンレールを買ったはいいけれど、長さが微妙に短かったり長かったりすると台無しになってしまいますので。

カーテン専門店に依頼した場合、サイズはジャストフィットで設置してくれますよ(当たり前の話ですが)☟

カーテン

 

あと、カーテン設置は入居前に確実に済ませておく必要があるのです。

新築の入居前となると、いろいろな手続きや引っ越し準備などかなり忙しくなるのですが、カテーン設置が遅れてしまうと入居も遅れる事になってしまいます

さすがにカーテン無しでは生活できませんからね。

なのでカーテン設置をどこに依頼するか、いつぐらいに設置してもらえるのかも含めて、カーテン選びは早めに進めた方が良いと思います。


自分達のこだわりや予算に合わせて、ぜひカーテン選びの参考になればと思います。

以上、「新築時カーテン専門店で買うとどれくらいお金がかかるのか?見積と総額をご紹介!」でした。

 

カーテン専門店
ぜひお気軽にどうぞ!