四国ダムカードコンプリート記念カードのゲットを目指す旅(放流動画もあるよ)

突然ですが、みなさんはダムカードなるものをご存じですか?

私は2019年7月に、ダムカードというものが存在している事をはじめて知りました。

ちなみにダムカードとは、こんなカードです☟

愛媛県西条市の黒瀬ダムカード


愛媛県西条市の黒瀬ダムカード(裏面)

国や県、独立行政法人水資源機構などが管理しているダムにおいて、ダムの事を多くの人に知ってもらう為に作成されています。

ダムの管理事務所(通常ダムの近くにある)に訪れた人(原則一人一枚)がもらう事ができる、カード形式のダムカードです。

カードの大きさや掲載する情報項目などは、全国統一になっているようです。

カードのおもて面はダム自体の写真(放流シーンが多い)で、うら面はダムの形式やこだわり技術などが掲載されています。

私が最初にゲットした愛媛県西条市の黒瀬ダムの放流写真は、カードで見ても圧巻ですね。

そんなダムカードですが、四国4県の45か所のダムカードを集めた人限定で、コンプリート記念カードがもらえるようです。

平成30年3月28日付けの、国土交通省四国地方整備局のプレスリリースからの引用です☟

四国のダムカードコンプリート記念カード

ぜひともこのカードをゲットすべく、2019年7月から本格的に四国のダムカードの収集をはじめる事にしました。

今回、私がこれから収集していく四国のダムカードに関していろいろ自分なりに調べた事をご紹介したいと思います。


ダムカードあれこれ

ダムに魅せられたきっかけはカメラ購入

私はブログで色々な写真を紹介したいと思い、2019年6月にミラーレスカメラを購入しました。

最初は花や風景の写真を撮っていましたが、ある大雨の翌日に愛媛県西条市の志河川ダムに行ってみました☟

志河川ダムの放流

このダムは農業用のダムで、ダムカードの配布は行っていません。

ただ放流シーンは圧巻です。

ちなみに私が投稿した動画がこちら☟

動画だと、更に放流の迫力が伝わってきますよね。

ダムカードの写真を見る事はできても、放流シーンは滅多に見る事が出来ないので貴重なショットです。

さすがに四国のダム全ての放流シーンを撮る事はできないのですが、この放流シーンを見る楽しさに魅せられたのです。

これが私がダムに魅了された一番大きなきっかけです。


普段訪れる事が無い秘境を探検している気分になれる

最初に紹介した黒瀬ダムですが、このダムは国道194号から県道12号を経由すれば片側1車線の道で快適に車でたどり着けます。

ただグーグルマップで見てみると、ダムの畔に公園があるようです。

せっかく黒瀬ダムに行くなら、ついでに公園にでも行くか!という事で車を走らせてみたのですが・・・☟

 

黒瀬ダム公園までの道

この道やばくないですか・・!?

実際はもっと暗くて道が狭い箇所も多くありました。

ダム巡りをしなかったら、こんな道を通ることはまずないでしょう。

普通の観光だったら道を間違えた!という事になるのでしょうが、この先に念願のダムとダムカードが待っていると思えば秘境探検の気分になりませんか?

ちなみに写真の道のその先にあるのは、黒瀬ダム第二公園です☟


そして発見したお宝はこちら!!☟

黒瀬ダム第二公園のお宝

黒瀬ダム第二公園のお宝2

一瞬公園に誰か居るぞ!とびっくりしてしまいました・・・。

で近づいてみると、謎すぎるモニュメントを発見しました。

誰を待っているの?何の為に待っているの?といろいろ頭をよぎりますが、まあ深く考えるのはやめておきましょう。

公園探索はほどほどにして、最後に目的地の黒瀬ダムに到着です☟

黒瀬ダム

この日はかなり暑い日だったのですが、ダム周辺はとても快適でした。

新緑に映る赤いラジアルゲートの黒瀬ダムがどっしりと構えている姿がたまりませんね。

ちなみ黒瀬ダムガードはこちらの管理事務所でゲットしましたよ☟

黒瀬ダム管理事務所

この日は日曜日でしたが、インターホンでダムカードを欲しい旨を事務員さんに伝えるとすぐ持ってきてもらいました。

ダムの管理は不測の事態に備えて、通常24時間体制です。

この日は天気が良かったので、当直用の布団を干しているのが分かります。

ただダムカードをゲットできる時間帯は、ダムにもよりますが9:00~17:00の所が多いので注意が必要です。

これはこの後詳細をご紹介します。


四国ダムカードコンプリート記念カードをゲットする上での注意ポイント

黒瀬ダムカードは、途中の悪路こそありましたが問題なくゲットできました。

ただ四国のダムカードを収集していくにあたって、少し注意して訪問する必要がある所があります。

平日しかカードをゲットできないダムが2か所ある

香川県高松市の椛川ダムと、高知県安芸郡の和食ダムです。

このダムは2019年8月現在建設中であり、ダムカードをゲットするにはダム建設現場から少し離れた建設事務所に行く必要があります。

この建設事務所が平日しか対応できないという訳です。

この2か所のダムは結構距離があるんですよね・・・。

土日だったらどんなに遠くても四国内でしたら日帰りで行けるのですが、平日のみの対応というのが個人的にダムカードをゲットする最難関条件ですね。

私の計画としては、夏休み期間中の平日にゲットできないか検討中です。


四国本土以外の、島にあるダムが5か所ある

1か所目が愛媛県今治市の大三島にある、台(うてな)ダムです。

ただこのダムカードは土日もゲットできますし、しまなみ海道を通れば車で難なく行く事ができそうです。

残りの4か所は全て香川県の小豆島にあります!

四国本土とは橋で繋がっていませんので、船で行くしかなさそうですね。

ただ半日もあれば4か所のダムカードをゲットできるぐらいの距離範囲です。

フェリー経由でマイカーで行って、小豆島観光を楽しみながら行ってみようかと検討中です。


まとめ

私は現在、四国内のオススメスポットやご当地グルメなどをブログで紹介しています。

そのブログネタを収集していくついでにダムカードもゲットできそうなので、更に収集熱が高まっていきそうです。

全国のダムマニアの皆さん、マニアじゃない普通の皆さん、今後もヨロシクお願いします。

 

四国のダムカード
ぜひお気軽にどうぞ!