【2021年版】本家の静岡河津町を差し置いて、フライング開花した愛媛の河津桜はコレだ!【時期と名所まとめ】

春になると待ち遠しいのが花の開花ですよね。

2月上旬の梅にはじまり、早咲き桜の河津桜や、花見で有名なソメイヨシノなど、日本と言えば桜といっても過言ではないと思います。

早咲きの桜「河津桜」は、名前の通り静岡県河津町発祥の桜です。

当然発祥の地の河津町で、日本で一番早く開花するんでしょ?

私も今までそう思ってたのですが、その静岡県河津町の河津桜を差し置いて(笑)、正月早々開花している河津桜があるんですよ。

河津町の河津桜よりも1か月以上早くフライング開花しているという、まさに空気を読まない河津桜(笑)。

さっそく現地に行ってきましたので、ご紹介しますね。

場所は瀬戸内海の沿岸都市、四国愛媛県今治市です。

訪問日は2021年1月4日です。


本家本元より1ヵ月以上早く開花する、空気を読まない河津桜はコレだ!

同じ今治市でもやたら早く開花する河津桜があるらしい

河津桜は、例年2月上旬ぐらいから開花しはじめます。

ここ今治市には河津桜スポットがいくつかあるのですが、そのスポットも通常2月中旬ぐらいに見ごろになるのです。

2020年の2月中旬に、しまなみサイクリングターミナル付近や海沿いにある大角海浜公園の河津桜が見ごろになっていました☟

2020河津桜

2020河津桜

しかしです!

2020年2月中旬時点で、とっくに花が散っている河津桜があったんですよ。

今治市内にあるレジャー施設、「のまうまハイランド」にある河津桜です☟

2020河津桜

見事な青葉状態!(笑)

同じ市内でもここまで開花具合が違うものかとがっくりしたのですが、2021年にはぜひ開花したタイミングで写真に撮るぞと私はこの1年間思いを募らせてきました(笑)。

そして2021年になり、正月明け早々「のまうまハイランド」の公式ホームページを見ると、河津桜がもうすでに開花しているとの事。

どんだけ~(古)と思いながら、さっそく現地に行ってきましたよ。


のまうまハイランドの河津桜は、2021年1月早々本当に咲いていた

今治市にある「のまうまハイランド」は、お馬さんと戯れることができるレジャー施設です。

入場や駐車料金共に無料で、お馬さんに餌をあげたり乗馬体験など一部で有料となっていますが、河津桜やお馬さん見学だけなら無料ですよ。

そして噂のフライング河津桜は、園内を進んで左側奥にあります☟

2021年、のまうまハイランドの河津桜

なんかピンク色に染まっているエリアがある!

近づいてみると5~6分は咲いている感じで、十分見ごろでしたよ☟

2021年、のまうまハイランドの河津桜

そこまで広くはなくこじんまりとしていますが、やっぱり桜は綺麗ですね。

この日は朝から快晴で、青空と河津桜をたっぷり堪能できました。

ちなみに本当に河津桜なの?と疑っているそこのあなた!(笑)

これがこの証拠です☟

2021年、のまうまハイランドの河津桜

正真正銘、河津桜ですよ。

しかも本家本元より1ヵ月以上早く開花してしまうという、本気を出しすぎている河津桜なのです!

良く見てみるとまだまだつぼみも多いので、本当の見ごろはもうちょっと先でしょうかね☟

2021年、のまうまハイランドの河津桜

2021年、のまうまハイランドの河津桜

河津桜はソメイヨシノなど一般的な桜と違って、五~六分咲き以上で十分綺麗みたいですね。

ここが夜間にライトアップしてくれたら更に魅力的になるんですが、今のところ予定はなさそうです、、。

2021年、のまうまハイランドの河津桜

河津桜の甘い香りに誘われて、数匹のメジロが盛んに集まっていました☟

2021年、のまうまハイランドの河津桜


のまうまハイランドの公式ホームページで、河津桜の開花情報を随時アップしてくれていますので、こちらもありがたいです!

のまうまハイランド公式ホームページ

河津桜を堪能したあとは、お馬さんに癒されてみてはどうでしょう☟

2021年、のまうまハイランドの河津桜

貴重な日本固有の馬の一種「のまうま」で、すごくおとなしいお馬さんですよ。

牧場ほど広くはないですが、ここだけゆったりとした時間が流れています。

忙しい日常から少し離れて、ぜひみなさんも少し(だいぶ?)早い春の景色を堪能してみてはどうでしょうか?

以上「【2021年版】静岡の本家本元より早く、フライング開花した愛媛の河津桜はコレだ!【時期と名所まとめ】」でした。

2021年、のまうまハイランドの河津桜
ぜひお気軽にどうぞ!