政府の緊急経済対策、消費税減税は見送りで外食旅行代助成か!?実施の可能性が極めて高いその理由とは?【新型コロナウイルス】

新型コロナウイルスの感染拡大により、経済への影響が世界中で深刻になっています。

日本においても政府の緊急経済対策案がいろいろ出ているようですが、現金や商品券を国民全員に支給する案と同時に出てきた案が・・・

外食や旅行代の一部を助成するというものです

ネットではこの経済対策についてボロカスに言われているようですが、2008年のリーマンショック時に実際実施された経済対策から考えると、この外食旅行代一部助成は、実施される可能性はかなり高いと私は思っています

その根拠や理由を今回はご紹介します。


消費税減税は最終手段、感染拡大がヨーロッパ程深刻になっていないのが現状

消費税減税は見送られる可能性が高い!その理由は?

税金

今回の経済対策で消費税減税を求める声は結構多いのですが、その可能性は現時点で私は低いと思っています。

なぜなら、消費税は一度下げてしまうと再度元に戻すのが相当困難になるからです

今回仮に消費税を減税するとなると期間限定の減税になるのでしょうが、その期間はどれくらいにするのか期間を過ぎれば例外無しに元に戻すのかなど決めなければならない事がいろいろあります。

また消費税を元に戻す際にも一定の批判を浴びるでしょう。

消費税の税率を上げ下げするのは、政権にとっても相当なリスクがあるのです

私個人的な意見を言えば、今回の新型コロナウイルスの影響はリーマンショック以上だと思いますし、消費税減税は実行した方が良いと思ってますが、今の政府は実行しないでしょうね。

ただ、現在ヨーロッパで爆発的に感染しているような状況に日本もなってしまったら話は別になります。

イタリアでは1日に800人近くの人が新型コロナウイルスで亡くなっているという情報もあり、アメリカのトランプ大統領の言葉ではないですが、地域によっては戦争よりもひどい状況になっています。

まさに国家の危機なのです!

日本では現時点でまだ医療崩壊にはなっていませんし、イベント自粛要請の効果もある程度は出ているようです。

ただ観光業や飲食店の売り上げが激減していますので、政府としての緊急経済対策がいろいろ検討されていて、今回外食旅行代の一部助成という案が出てきたようです。


リーマンショックで自動車と電気製品に補助金が付いた!今回は外食と旅行が対象?

不況による倒産

2008年にアメリカの投資会社リーマンブラザーズの破綻からはじまった、リーマンショック。

この時の日本政府の経済対策として、3つの柱を以前ご紹介しました。

【新型コロナウイルス対策】国民に直接現金給付案も?実はリーマンショック時も給付金があった!

新型コロナウイルスの感染拡大で、世界経済への影響が深刻になってきています。 これを受けて政府は、景気の落ち込みを抑えるため今年4月に大型の緊急経済対策をとりまとめる検討に入りました。 規模は10兆円を超える見通しで、 国民に直接現金を給付する案 も浮上しています。 …

国民に12000円(一部には20000円)を配った、定額給付金。

エコカーを購入した際のエコカー補助金。

そして省エネルギー性能の高いエアコン・冷蔵庫・地上デジタル放送対応テレビを購入した者に対してのエコポイント制度、この3つの経済政策の内容をご紹介しました。

 

リーマンショックでは、世界中で不況になりあらゆるモノが突然全然売れなくなりました。

とりわけ深刻だったのが、自動車産業と家電業界でした

そこで政府が注目したのが、当時普及しつつあったエコカーと液晶テレビだったのです。

エコカーを購入したら最大25万円、液晶テレビだと最大36000ポイント(実質36000円分)の補助金が支給されたのです。

これをきっかけにエコカーや液晶テレビがかなり売れたのは事実です。

(その後の反動で液晶テレビが売れなくなったのですが・・・)


今回の新型コロナウイルスで深刻な影響を受けているのは観光に携わる業種ですから、その業種を対象にした補助金か助成金制度がつくられる可能性は十分あります。

ただ、もし実際に外食旅行代の一部が助成されるとして、実際どれだけの人が利用するのか微妙なのです。

なぜなら新型コロナウイルスがいつ収束するのか誰にも分からないからです

収束しない限り、思う存分外に出かける事ができないので、外出する人は少ないままです。

また新型コロナウイルスの感染者は地域によってかなりバラツキがありますので、今後観光や飲食業界にとって人が集まる地域と集まらない地域が出てくる可能性もあります。

そうなると助成金の意味はあるの?という声も出てくるでしょう。

また、今回深刻な影響を受けているのが音楽業界です。

日本中のライブやイベントが中止になっていますので、収入が全く無い状態が続いています。

一刻も早く何らかの形での政府の対策が待たれる所です。


国民に配る給付金はいくらになるのか?

定額給付金はいくら?

2008年の時には、国民一人当たり12000円もしくは20000円が定額給付金という形で配られました

今回、消費税減税が見送られる可能性が高いので、現金や商品券が支給される可能性が極めて高くなっています。

さていくら支給されるのでしょうか?

アメリカではトランプ大統領の経済対策で、4人家族で合計66万円を支給する!なんて案も出てきているようですね。

実際どうなるのかは分かりませんが、日本においても少なくとも今回の定額給付金は12000円以上になる事は確実でしょう。

 

ネットでは5万円とも10万円とも予想されていますが、この給付金自体消費に回らないといくら高額でも意味が無い!という声もあります。

ちなみに新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策については、国の財政支出をリーマンショック後の対策の15兆円を上回る金額とし、民間支出も含めた事業規模を30兆円超にする方向で調整に入ったようです。

単純に考えてリーマンショック時の財政支出の約2倍ですから、定額給付金も2倍でしょうか・・・?

国民一人当たり2万円~4万円の給付金??

政府の緊急経済対策については今月末から協議を本格化し、4月上旬にも決定するようです。

以上、政府の緊急対策、消費税減税は見送りで外食旅行代助成か!?現金商品券支給もありそう【新型コロナウイルス】でした。

2020年緊急経済対策
ぜひお気軽にどうぞ!