2020年版 住みたい田舎ベストランキング若者世代が住みたい田舎部門で1位の愛媛県西条市の10の魅力とは?

株式会社宝島社が発行する「田舎暮らしの本」(2020年2月号)にて、2020年版住みたい田舎ベストランキングが発表されました。

若者世代が住みたい田舎部門で1位だったのが、愛媛県の西条市です

今回はその西条市に実際住んだ事のあるオレンジ7が、市民目線で西条市の魅力をまるっと10個ご紹介します!

そもそも愛媛県愛知県と間違えられる事が多くて、愛媛県を知らない人にとっては「西条市ってどこにあるの?」ぐらいのイメージしかないと思います。

そんな西条市を、今回最大限にアピールさせて頂きます!(ブログ内で掲載しているほとんどの写真は私が現地にて撮影したものです)

西条市は移住を考えている人向けにさまざまな政策を打ち出しており、「交通費・食費・宿泊費全て0円!!」という驚きの移住体験ツアーも用意されています。

田舎暮らしに興味をもっている方は、ぜひ参考にして下さいね。


移住支援が充実している西条市の10の魅力をどど~んとご紹介!

①東京からでも交通費・食費・居住費全て0円で移住体験ができる!

都会に住んでいる人が田舎暮らしに少し興味をもっている場合でも、実際のところ不安な面も多いと思います。

そんな不安を少しでも解消してもらう為に、西条市では移住を考えている人向けのさまざまな支援体制が整っています。

東京からでも宿泊費・交通費・食費全て0円で移住体験ができる!・1泊2日の「個人型」移住体験ツアー
・土日祝でも参加可能で、子供連れも大歓迎
・詳しくは西条市役所ホームページにて!
西条市移住者向け用公式サイト⇒⇒https://live-in-saijo.com/
1日1000円で一戸建て住宅を借りる事ができる・移住を考えている人向け用の、お試し移住用住宅
・4DKで木造平屋建て住宅
・事前に申込書を提出して、審査や面接など条件がある(観光での利用は不可)西条市のお試し移住用住宅
1日1組限定の移住希望者向け「西条市無料アテンドサービス」を実施・西条市への移住を「本気で」考えている人向け用
・土日祝OKで、市内各所をまわりながら移住相談員や先輩移住者などと話ができて、記念写真の贈呈もある
農業次世代人材投資事業を展開新規農業従事者に対して、経営が不安定になりがちな就業から5年以内をめどにした給付金の支給制度がある

この中でも魅力的なのが、東京からでも宿泊費・交通費・食費全て0円で移住体験ができるツアーですね

西条市のホームページによると、平成30年は30組がこのツアーに参加して、実際に4組の方が西条市に移住されたようです。

実際に移住された方と話ができる「アテンドサービス」もあって、移住を考えている方を最大限にサポートしています。

実際にツアーに参加するには事前のセミナーに行くなど条件がありますので、田舎ぐらしに興味をもった方はぜひ西条市の移住者向けサイトを見て下さいね。


②とにかく水が豊富で美味い!

名水百選「うちぬき」

西条市は水に恵まれている地域です。

西日本最高峰の「石鎚山」からの伏流水が豊富で、市内のあちこちに水が湧いているのです。

この地下水を使用できる地域では上水道が整備されていないので、水代はいくら使っても「0円」です!

うちぬきと呼ばれているこの水は名水百選に選ばれており、きき水大会で日本一になった事もある大変美味しい水なのです。

市内のあちこちから水が沸きだしていて、水をペットボトルや容器に汲む人で混雑する時もあります☟

名水百選「うちぬき」

名水百選「うちぬき」

市の水質検査からもそのまま飲む事ができる程綺麗な水なのですあくまでも自己責任で!との注意書きはありますが・・・)

この美味しい水を使用しているのが、西条市にあるアサヒビール四国工場です。

【工場見学】ビールの試飲が嬉しいアサヒビール四国工場へ行ってみた

愛媛県西条市にあるアサヒビール四国工場では、一般の方向けに工場見学を開催しています。 ここの工場見学で嬉しい事は、見学後ビールを含むドリンクの試飲ができるんです。 試飲と言っても1缶まるごと飲めて、更に20分間のうち3杯まで飲む事ができます。 もちろん無料ですよ!! ビールが飲めない方は、三ツ矢サイダーやカルピスなどソフトドリンクも用意されています。 …


先ほどの0円移住体験ツアーに参加された方からも、「街としての機能性は高いのに、水が豊かで、お米、野菜、魚がおいしい」との声が。

美味しい水で育ったお米や野菜は、すごく美味しくてしかも安く購入できます。


③霊峰「石鎚山」をはじめとするアウトドアレジャーを気軽に楽しむ事ができる

石鎚山

標高1982mの「石鎚山」。

日本百名山のひとつであるこの石鎚山周辺エリアでは、登山はもちろんスキー場やキャンプ場などもあってアウトドアレジャーを年間を通じて楽しむ事ができます。

市内を流れている「加茂川」では、夏は泳ぐ事ができる程水が綺麗で、秋は西条市の風物詩であるいもたきで河川敷が賑わいます。

海水浴場も海辺に数カ所ありますので、夏のレジャーを楽しむ事ができますよ。

家族連れの方はぜひ思い出づくりに行ってみてはいかがでしょうか。


④石鎚山の麓にある「モンベル アウトドアオアシス石鎚」でアウトドアレジャーの準備は万全

モンベルアウトドアオアシス石鎚

2019年7月に、高速道路の松山自動車道「石鎚山SA」にモンベルが手がける複合施設がオープンしました。

280坪の店舗の中に、豊富なアウトドア用品がそろっています。

店舗の横にはキャンプサイトがあって、テント用品やバーベキュー用品などのレンタルもできますよ。

また定期的にこちらのエリアではイベントを開催しており、2019年は「さんさん夏FES」が開催されました。

ご当地グルメや限定おみやげショップ、西条市出身の「眞鍋かをり」さんのトークショーなどで大変盛り上がっていましたよ。

アウトドアに興味のある方はぜひモンベルアウトドアオアシス石鎚へGO!

愛媛県西条市のモンベルアウトドアオアシス石鎚に行ってみた【夏FESイベント追記】

2019年7月1日に、愛媛県の松山自動車道「石鎚山SA」に隣接している道の駅「小松オアシス」施設内にモンベルの店が新しくオープンしました。 西条市は日本100名山の石鎚山があり、年間の登山客は10万人とも言われています。 その自然を生かした取り組みの一環として、アウトドア用品大手のモンベルに施設の指定管理者を依頼した経緯のようです。 …


⑤国内でも有数のクライミング施設を安く利用できる

石鎚クライミングパークSAIJO

 

2020年の東京オリンピックの正式競技である、スポーツクライミング。

その公式用施設がここ西条市にあるのです。

先ほどご紹介したモンベルアウトドア石鎚店舗内にも、クライミングを体験できる施設があるのですが、そこから車で5分程の距離に公式競技施設があります。

その名も石鎚クライミングパークSAIJO

この施設は東京オリンピックに向けた選手強化を目的に、JOCが全国のスポーツクライミング施設の中から3施設を認定する一つになっており、2019年5月には国内のトップ選手が一堂に集まった大会も開催されました。

もちろん一般の方もこの施設を利用できますが、市が管理しているのでとても安く利用できるのです。

市内在住の方は1時間100円、市外在住でも1時間150円で利用できます(夜間はもう少し高くなります)。

全天候型で雨の日でも夜間にでも利用できる施設ですよ。

初心者の方や子供向けにスポーツクライミング教室もあるので、ぜひご家族で一度参加してみてはいかがでしょうか。


⑥地元で獲れた新鮮な魚介類が美味い!

マルトモ水産

西条市は瀬戸内海に面していますので、新鮮な貝や魚がいつも豊富にスーパーや産直市場に出回っています。

その中でもオススメなのが、このマルトモ水産です。

店の隣が漁港という最高の立地ですので、新鮮な魚介類が豊富に安く販売されていますし、その横ではレストランも併設しています。

海鮮丼をはじめとする定食が美味しくて、特に土日にはお昼前から行列ができる程の人気ぶりなのです。

マルトモ水産お品書き

私は以前正月用の魚を買いに年末に行ってみたのですが、オープン前から大混雑で駐車場に入る事すらできませんでした・・・。

ここで買ったハマグリや大きいアサリを、先ほどご紹介したキャンプ場でバーベキューといった楽しみ方もできますよ。


⑦西条市の祭りが凄い!

西条まつり(旧小松町)

 

愛媛県の東予地域では祭り熱が凄くて、特に西条市と新居浜市の祭りは豪快そのものです

西条市で行われている西条まつりは、江戸時代から続く西条市の伝統的な秋祭りです。

市内の氏子各町に所属する約150台のだんじりやみこし、太鼓台が市内を練り歩くのですが、その数は日本一ともいわれています。

知人から聞いた話によると、西条市や新居浜市の祭り命な人は、正月よりもこの祭りの方を大切にしているそうですよ。

西条祭りは平日の数日にわたって開催されますが、市内の学校や地元企業はこの期間はお休みとなります。

昼夜関係なく祭りは行われていて大変盛り上がる西条まつり、祭り好きな方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。


⑧西条市ではICTによる学校教育を実施している

ICT教育

ICTとは情報通信技術の一つで、パソコンだけでなくスマートフォンやスマートスピーカーなど様々な機器を使った情報処理や通信技術の総称です。

西条市ではこのICTを利用した学校教育をしています

具体的には、お互いの学校の教室に大型スクリーンとWEB会議システムを設置し、互いが学び合うアクティブな学習環境「バーチャルクラスルーム」を実現し、教室空間を共有することでクラスメートを増やした授業を行う「遠隔合同授業」の実践を年間150時間以上重ねています(西条市ホームページより)。

地方の学校教育では、少子化の影響により学校自体が閉鎖される例も少なくありません。

そういう少子化時代にも対応しようと、ICTを活用した教育に未来への活路を摸索しているのです。

子供を連れての地方への移住には教育面での不安もあると思いますが、西条市は教育の情報化にかかる文部科学省・総務省両省連携事業にかかるモデル地域に採択されています。

西条市のホームページにICTによる学校教育の各種報告書が掲載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


⑨四国八十八カ所をはじめとする、歴史ある神社仏閣が多い

石鎚神社

弘法大師が修行して、四国の八十八ヶ所の寺院などを選び開創したと伝えられている四国八十八ヶ所霊場。

その名の通り四国に88か所点在しているのですが、西条市だけで5つの霊場があるのです

その内の一つ、第63番札所「吉祥寺」☟

吉祥寺

四国霊場の中で本尊を毘沙聞天とする札所は吉祥寺だけとなっており、年間を通して多くのお遍路さんや観光客の方を見かけます。

四国八十八霊場以外にも、石鎚神社や伊曽乃神社、西山興隆寺といった歴史と風情がある神社仏閣が数多くあります。

西山興隆寺は「もみじ寺」とも呼ばれており、真っ赤に染まった紅葉は本当に見事ですよ。

静かな境内で散策すると気持ちもすこやかになるので、ぜひ行ってみて下さいね。

【2019年】愛媛県西山興隆寺の紅葉最新情報!【もみじ寺】

みなさん、こんにちは!オレンジ7です。 2019年も残り2か月をきりましたね。 全国各地で紅葉が見ごろとなっていますが、こちら四国では紅葉が遅れている箇所が多いようです。 このブログでは、愛媛県の紅葉の名所の一つ「 西条市の西山興隆寺 」の紅葉最新情報を写真と共にご紹介します。 愛媛県・紅葉でググると必ずこの「西山興隆寺」が出てくるぐらい有名なお寺ですよ。


⑩西条図書館が便利すぎる

西条図書館

 

西条市内には全部で4ヵ所の図書館がありますが、その中でもJR伊予西条駅に程近い西条図書館はとっても便利です。

蔵書数はもちろんの事、図書館内が大変広くてリラックスして読書できるのです。

開館時間も9時から22時までと、仕事帰りに立ち寄る事も十分可能です。

自習室もあるので、受験シーズンには朝から多くの学生が黙々と勉強しています。

本の予約もネットからできますから大変便利ですよ。

写真の手前側は芝生広場になっており、晴れた日には家族連れの方が楽しく遊んでいる姿をみかけます。


以上簡単ではありますが、西条市の魅力を一気に10個ご紹介しました。

ちなみに西条市の隣は今治市ですが、そこにはサイクリストの聖地「しまなみ海道」があります☟

しまなみ海道「サイクリストの聖地」

アウトドア好きな方は更に楽しめると思いますよ。

以上、2020年版 住みたい田舎ベストランキング若者世代が住みたい田舎部門で1位の愛媛県西条市のご紹介でした。

愛媛県西条市
ぜひお気軽にどうぞ!